最新情報・コラムNEWS・COLUMN

技術
3DCGデータのファイル形式の違い

CGMAKERS担当の種村です。


CGデータを制作する際や、納品の際、「形式はどうしましょう?」という話が出るかと思います。

2Dの静止画の画像でも、jpeg,pngと形式に違いがあるように、

3DCGデータのファイル形式にも違いがあり、

代表的なものですと、step,obj,max,fbxといったものがあります。

あまり聞き慣れないファイル形式だと思いますが、

それぞれ違いは何なのでしょうか。



3DCGソフトを提供する会社の違いもありますが、

大きく分けると、

・ソフトウェアに依存するネイティブデータ形式(max,3ds,c4dなど)

・各ソフトウェアで受け渡しが可能な中間データ形式(stp,obj,fbxなど)


以上の2つがあり、


ネイティブデータ形式は、同じソフトウェア間であれば情報の欠如がほとんどなく、

データをそのまま受け渡せますが、

同じソフトウェアを持っていなければ基本的に開く操作自体が難しく、


中間データ形式は相手のソフトウェア環境を気にすることなく共有が可能ですので、

主には中間データで3DCGデータの送付がおこなわれますが、

失われるデータが存在するため、作業環境をそのまま移植できません。


このように、それぞれメリット、デメリットがあり、


3DCG制作の際には、

・持っている/希望するデータはネイティブデータか、中間データなのか
・保持できる情報は何なのか
・保有するソフトウェアで読み込めるのか

以上のことを確認すると、非常にスムーズにCG制作が行えます。

今回紹介したファイル形式はごく一部で、他にもまだまだありますので、

3DCGのファイル形式について、もし分からない点がありましたら、

CGMAKERSまでお気軽にお問い合わせください。


東京、京都、大阪の3DCG制作会社 CGMAKERSでは


関東、関西はもちろん、全国の企業様の

3DCG制作、映像制作にご対応可能です。

商品のプロダクトCGやテクニカルCGはもちろんのこと、

自社スタジオでのクロマキー合成、CG合成も可能です。

3DCADデータをもとにしたCG制作もご対応可能です。



まずはお気軽にご相談ください。

更新日:2021年2月25日

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は今すぐこちら。

東京都内・関東圏

東京オフィス
03-6206-6466

受付時間:平日9:00〜18:00(土日祝除く)
営業可能エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5
マストライフ神田錦町3F

大阪・京都・神戸・関西圏

京都本社
075-365-0571

受付時間:平日9:00〜18:00(土日祝除く)
営業可能エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀

〒600-8062 京都市下京区恵美須屋町193